『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

バーチャルホスピタルの薬剤師募集をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

バーチャルホスピタとは、仮想の病院という意味の新しい概念。どういうものかと言うと、病院の建物はなくても、病院の機能を部分的に持っているものです。一つに最近多い、ネット上で医療相談・医療情報の提供があります。小さい子供を持っている場合、医師にかかるべきか?家で様子を見るべきか?迷う場合など、よく利用されます。核家族化が進んで、余計です。あるいは、よく説明しにくい症状があると、何科にかかったらいいのかわかりませんね。総合診療科はどこにでもあるとは限りません。そういうときに役立ちます。

ですが、基本は、医師が患者を直接見て/触って確かめなければならない部分が多いです。あるいは、遠隔医療で、都心の病院からの情報を、地方の医師とやりとりし、知識で治療効果があがる部分は、都心並みの治療行えるという状態も。さらには、都心の病院のシュミレーターを操作して、遠隔で地方の病院の患者の手術ができる。というシステムもあります。

現に、手術室外に操作機器があって、遠隔で手術台の患者に手術する病院もあります。ですので、離島などの患者に対してもできる、という理論になります。が、これが実用化されるには、クリアすべきハードルがいくつもあります。今のところ、一部の医師が、都心から地方への出張手術を実施しており、あとの全身管理は、その地方の病院で行うというものがありますが、まだまだ数は少ないです。

別のニュアンスでは、在宅医療を指します。医師・看護師が訪問診療や電話による対応をする場合です。さらに、容態が悪化して病院での医療が必要になると、連携先の病院への搬送の手続きをとります。そのためには、地域の救急医療と、あらかじめ連携しておかなくてはなりません。このような在宅医療では、患者様が住み慣れた自宅で、病院にいるような医療を受けられます。そういう意味で、バーチャルホスピタルと言えます。

薬剤師の、バーチャルホスピタルでの職務内容は、在宅医療もしくは介護福祉施設を訪問する調剤薬局で働く、というものになります。具体的には、在宅医療などの医師や看護師と連携して、薬を届ける/応診への同行などの訪問を実施します。

バーチャルホスピタルの薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド