『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

スーパーマーケットの薬剤師募集なら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

スーパーマーケットの薬剤師募集は、新卒もありますが、キャリア採用にも力を入れています。中途での薬剤師の採用情報は、ネットで多く見られます。とりわけ、地方に多い大型スーパーマーケット、もしくは都心部の駅前ビルの大型商業施設のスーパーマーケットに薬剤師募集が多いです。

スーパーマーケットの調剤併設のドラッグストアが、ドラッグストアが増加する中でも、増えているのでしょう?それは、スーパーマーケットの買物と一緒に薬を買ったり、処方箋を調剤してもらえるというメリットがあるからです。また、処方箋の薬を調剤してもらっている間に、買物ができるのがうれしいですね。そういう便利さに目をつけたためです。もともとドラッグストアは、薬を買うついでに買物もしようというスタンスから生まれたもの。アメリカ起源です。

キャリア採用は、新卒にはない調剤・接客などのスキル、専門能力が期待されます。健康ブームが続いていて、自分の体は自分で管理するセルフメディケーション意識が高まってきています。その背景には、高齢社会と家計における医療費の増大、ドクターズコスメなどの美容に関する意識の高まりがあります。それに対応すべく、調剤・ドラッグストアといった総合的サービスを提供する企業が増えてきました。

一番多いキャリア採用は、調剤併設のドラッグストアの、管理薬剤師業務です。OTC販売から、薬・健康食品のカウンセリング、調剤、服薬指導、レセコン入力が主な仕事です。

ですが、そうした調剤や売り場での経験をすっ飛ばして、医薬品のバイヤーとしての採用もあるのです。バイヤーとしての業務内容は、医薬品の仕入れ、スーパーバイジング、薬事対応など、スーパーマーケットの薬局で働くスタッフの管理職的業務全般にあります。薬の卸での医薬品の仕入れ、ドラッグストアでのスーパーバイジング経験があれば、この採用に応募できます。さらに、待遇も、その経験・スキル・能力が加味されるのです。いわゆる、調剤併設のドラッグストアの、管理薬剤師採用とは、違ったものになります。

待遇は、大手のところが多いので、良くて、通勤・住宅手当はもちろん、最近削減の傾向が高い扶養手当もついてきます。年間休日は、100日あまりと、標準的。育児休暇・育児勤務制度もあり、主婦の薬剤師もつとめられます。うれしいのは、買い物割引制度がある点。高い目の化粧品なんかが、社員割引で買えたりします。

スーパーマーケットの薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド