『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

労災病院の薬剤師募集をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

全国に在る労災病院は、勤労者の医療のため、労働者健康福祉機構が運営しています。病気の治療だけではなく、リハビリテーション・職場復帰・予防までを含めたトータルな高度で進んだ医療を提供し、職場での健康の支援をしています。目指すところは、勤労者の早期職場復帰・予防です。

勤労者の過酷な労働や、ITで働くストレスなどで生じる、多様な医療だけでなく、病院が存在する地域の医療にも対応しています。基幹病院として中核的な役割を担っています。診療の垣根を無くし、医療を専門化し、院内の部門を充実しています。また、ニーズに応じた診療科の増設をし、最先端の医療を行う多くの診療科がある病院です。とりわけ、二次・三次救急患者を積極的に受け入れ、予想される連動地震などの大規模災害にも対応出来るような体制を整えています。

そのため、薬剤部では医療チームの一員として、調剤や医薬品の安全の確保しつつ、他の部門と連携した薬物療法を行うのが役割です。服薬指導などの病棟薬剤業務を充実し、薬物血中濃度・副作用モニタリング・フィジタルアセスメントなどを行ない、有効で安全な投薬体制を作っています。

最先端の投薬体制が、導入されています。診察室・病棟で医師がパソコンに入力した電子処方箋が、薬剤部のパソコンにすぐ来ます。そこで、処方は解析され、薬の相互作用・重複薬剤・薬歴の管理などの監査が、オートマチックになされます。もちろん、機械任せにはしないで、薬剤師がそのパソコンの電子処方箋の、処方上のエラーや調剤する上での問題点などを、きちんと監査します。その上で、プログラムされた薬剤業務支援システムにかけて、患者様に処方箋・薬袋・薬説明書を紙で発行して、お渡しします。

調剤などは、最新の設備があり、働きやすいです。例えば自動錠剤分包機による一包化調剤が導入され、患者様やスタッフの効率化が可能になっています。専門分野の薬剤師も活躍しています。がん薬物療法認定薬剤師ですと、患者様が安全で適切ながんの薬物治療ができるように、医師・看護師とのチーム医療などもしています。

労災病院の薬剤師募集は、急にあったりします。詳細などは薬剤師求人サイトに聞いて下さい。労災病院の薬剤師募集が、非公開求人になっている場合は、薬剤師求人サイトに登録しないと見られないです。なので、登録は必ずしましょう。その上で、見つけ次第すぐ応募しないと、すぐにほかの薬剤師が来ます。

労災病院の薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド