『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

公立病院の薬剤師募集をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

公立病院となっている病院は、国や自治体が病院を経営していて、地域医療を支える基幹病院となっています。ゆえに、公立病院に就職したいならば、学科試験などの採用試験があります。慢性的人手不足で、常時募集をかけている看護師や医局の意向で配属される医師とは違います。

国立病院は、一見公立病院に見えますが、国立病院機構で採用されます。給与は、国家二種に準じています。20代の薬剤師の場合は手取りは20万円もなくて、家庭を持つには、残業代を稼いでなんとか食いつなぐしかないようです。ただ、薬剤部長になってくると、年収1000万円とかです。若いときは薄給で、年とともに増えていくのですね。

人事面では、分けられたブロック内の移動になります。例えば、関東・関西ブロックとかに分かれています。ブロックには人事担当があって、その人との交渉で決まります。異動を希望する場合、ブロック内でのみ異動は出来ますが、希望が通るわけではありません。例えば、ブロック内で薬剤師の欠員があって行って欲しい場合は、ほとんど強制的に行かされます。製薬会社のように、日本全国とまでいきませんが、引越しもありえるのです。

対して、公立病院の薬剤師は、地方公務員扱いとなります。異動はその市民病院所属で、ありません。就職した場所から動きたくない場合は、いいですね。が、市役所などの職員と違って、一般的な公務員ではなくて、特別職地方公務員といわれます。給料・休日・手当・休暇などの待遇がいいようです。

私立の病院・調剤薬局では、休暇を取るのがきついケースもあります。忙しい場合は、休暇など取れません。ですが、公立病院では、有給休暇の日数が決められているので、交代で休暇を取れます。また、就業時間からはみ出た時間外の超過勤務は、必ず残業としてカウントされて、残業代が付きます。

公立病院の薬剤師募集は、ハローワークと薬剤師求人サイトで探せます。問題は、多くの薬剤師が募集されているわけではないという点。私立病院や調剤薬局などより、公立病院は数が少ないから当然ですね。年に数回薬剤師も募集されているケースもあるので確認下さい。おまけに、公立病院は雇用の時期などが明確に決まっていて、年齢など特定の条件をクリアしていないと試験自体を受けれません。注意しましょう。公立病院の薬剤師募集は、地方自治体のホームページにもアップされています。常時チェックしましょう。

公立病院の薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド