『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

製薬会社の薬剤師募集をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

製薬会社の薬剤師募集で最も多いのが、医薬情報担当者であるMRです。MRの仕事は、薬効・安全性・相互作用などを、医師・薬剤師に対して説明する業務です。以前は、MRはプロパーという名称で、営業がメインの仕事。医師の接待や、雑務をしてあげて、その病院に薬を納入していました。

ですが、今は、営業はMSという職種が担当し、MRは薬の専門知識を伝える仕事です。MS含め接待は、禁止になってしまいました。薬を売るためになんでもして営業成績を上げられた頃より、むしろ薬の専門知識を生かせるわけです。文系出身のMRもいましたが、今は薬学部卒です。

製薬会社の年収はいいです。あらゆる業種の薬剤師の平均年収は、520万。サラリーマン平均年収400万円よりも少し多いだけです。それと比べると、製薬会社の薬剤師の平均収入は400-800万円と高いですね。大手製薬会社では30歳で1000万円オーバーです。

ただ、不況なので成績を出せない場合、リストラも有り得るというリスクもあります。そこへ待ったなしの転勤があります。取引先の相手である医師は、プライドの高い人が多いので、神経を消耗します。ですので、病院・調剤薬局に転職する人も。年収だけに注目すれば、製薬会社の薬剤師が一番収入が良く、病院などから転職する薬剤師も多いです。ですので、薬剤師の流れは両方です。

製薬会社の求人は、ネットなどで公表されていない場合もあります。ですから、薬剤師求人サイトに登録してください。製薬会社の求人が良く出ています。コンサルタントにも、見つけてくれるよう話しておきましょう。製薬会社の薬剤師募集は、研究職の採用は、極めて少ないです。学術や治験の仕事が稀にある程度です。あっても、経験者のみだったりします。ほとんどの薬剤師は、調剤をしていますが、人と違う仕事をしたいという薬剤師は、製薬会社の薬剤師募集を探してみてはいいのではないでしょうか?

最近は、治験の仕事が増えてきました。新薬を、その疾患の患者様・志願者に試してもらってデータを取って、厚生労働省に認可してもらう資料を作成する仕事です。治験には薬の知識、薬学部で学んだの知識が必要です。ですので、薬剤師でなければならないのです。学術の仕事は、外国の文献を翻訳して企業の他の部門で使えるようにします。語学力が必須です。英語検定何点以上とか条件を出しているところも。研究開発の仕事は、新薬を開発する仕事です。人気があって、良い大学の修士を出ないとなれないともいわれています。

製薬会社の薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド