『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

国立病院の薬剤師募集をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

国立病院機構は、厚生労働省管轄になっている、独立行政法人です。ですので、国立病院機構の薬剤師募集は、国家公務員の基準で行われます。国立病院機構は、国立大学付属病院と混同されがちですが、医療センター・がんセンターという名称が多く、まったく別のものです。多くはその地域の都道府県や自治体の名称がついていて、各都道府県に2・3ヶ所存在しています。日本赤十字病院も、よく混同されます。国立病院機構と同じく認可法人が運営している病院で、経営母体は日本赤十字社です。

国立病院機構に転職できれば、国家公務員となります。国立病院機構の薬剤師採用に際しては、薬剤師免許以外にも年齢による資格条件が存在しています。それをクリアして、書類審査・面接・小論文などの選考審査があります。そのため、志願者の多くは新卒です。年がいっていても第二新卒です。

関東ブロック、近畿ブロックというように、幾つかのブロックに分かれています。薬剤師として採用されると、その地域ブロックの中で配属が決まり、さらにその中で転勤があります。ゆえに、地域ブロック外への転勤はありえませんが、地域ブロックの中で3-5年の任期で配属先の病院が変わるようです。薬剤師は、コメディカルで、医師のように、専門の診療科はありません。ですので、転勤しても、業務内容がまったく違う、というのはありえません。ですが、循環器病研究センターや、がんセンターなどのように、異なる専門分野の中核となる医療機関へ転勤する場合もあります。

ブロック内の病院・関連機関で勤務する薬剤師含むコメディカルの採用については、職種ごとの採用候補者登録選考を行っています。各ブロック内の病院で、薬剤師に欠員が生じたとき、採用候補者登録選考をします。採用候補者登録選考は、試験です。が、それだけでは、採用は決定できません。これにパスしたら、採用候補者として採用候補者名簿へ登録。各病院に紹介されます。最終選考で、病院の面接があり、はじめて採用となります。常勤職員のみで、公立病院のようなパートはありません。

国立病院の薬剤師は、調剤・服薬指導がメインの調剤薬局より、業務が多岐にわたります。医薬品情報管理・医薬品管理・製剤・NST・TDM・ICTなど、薬学部で学んだ学問がすべて実践できます。ですので、人気があります。

国立病院の薬剤師募集ならば、国立病院機構のホームページをモニタリングするのがいいでしょう。薬剤師求人サイトはこの場合、求人案内よりも、試験の難易度などについてアドバイスしてくれる感じになります。

国立病院の薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド