『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

ホテルの薬剤師募集をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

大きなホテルでは、ホテル内に薬局があります。大きなホテルになりますと、日本国内だけでなく、海外のお客様の利用も多いので、ホテルに併設されている薬局では英語が話せる薬剤師の募集があります。外国人のお客様が薬局を必要としたとき、英語で対応ができるのが条件になっています。ですから、日常会話だけではなくて、薬についての専門知識を英語で説明できる語学力が必要になりますね。

ホテル併設の薬局の薬剤師は英語が話せるとされてます。が、ときに英語が話せない薬剤師もいます。そのいう場合は、事務に英語が話せる人をおいているので、フォローができるわけです。薬局での会話によるやりとりですから、英文で資料を作成をしなくてはいけない製薬会社の学術のような文章能力はいらないです。が、外国人のお客様が、きちんと薬を用法・用量を守って飲めるよう、大事な点が伝わらないといけません。英文で簡単な説明を添える場合もあります。製薬会社の学術レベルほどでなくても英文が書ければいいでしょう。

英語力を活かした薬剤師の職場として、製薬会社の薬事・学術、外資系の製薬会社とは違う、臨機応変な能力が要り、それゆえの面白さもあります。ホテル併設の薬局ですから、病院やクリニック門前などの調剤薬局ほどは、忙しくないようです。

ホテルの職員は24時間体制ですが、ホテル併設の薬局は、たいてい営業時間が決まっていて、残業も夜勤もありません。大きなホテルは、大都会や県庁所在地にある場合がほとんどなので、勤務ついでの買い物や他の用事にも便利です。ゆっくり仕事ができて、外国人のお客様と接するので、外国の好きな人はいいですね。

ホテルの薬剤師募集の相場は、年収450万-600万で、時給は2000円くらいです。収入の面では、調剤薬局・ドラッグストアと変わらないでしょう。ただ、外国と接する、という面がおもしろいのです。大きなホテルは、ハイソな雰囲気も魅力的です。

大きなホテルの薬剤師募集は、大きなホテルの数が限られているので、多くありません。ホテルの薬剤師募集の多くは、非公開求人という形をとるケースが多いです。非公開求人は、薬剤師求人サイトに登録しないと見られません。そした上で、見つけ次第、応募しなければ、すぐほかの薬剤師が来てしまいます。ですので、薬剤師求人サイトに登録し、コンサルタントに、ホテルの薬剤師募集が出次第、連絡してもらうようにしておいてください。

ホテルの薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド