『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

保健所の薬剤師募集をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

薬剤師と言うと、病院・調剤薬局で働くケースが多いですが、中には公務員待遇で公的機関で働いている薬剤師もいます。保健所は、その中でもよく知られた職場の一つです。保健所は、住民の健康・衛生を指導/管理する機関です。薬剤師の場合、公衆衛生学などに詳しいために必要とされています。

保健所には、保健師でしょう?と思う人も多いでしょう。各種の事務手続きをしたり、3歳児検診に行くというイメージがあります。が、保健所の薬剤師の業務には以下のようなものがあります。病院/薬局の開設許可を与える・理容院/美容院/クリーニング店などに営業許可を出す/管理指導をする・飲食店など食品を扱う場所での食品衛生を管理指導などです。レストランなどでアルバイトした人は経験があるでしょうが、食べ物を扱うところのチェックは、けっこう厳しいですよね。

考えたくないですが、パンデミックがきて、伝染病が蔓延した場合の非常事態に対応するのも、保健所における薬剤師の重要な業務です。病気を媒介する怖い害虫が発生したときも、駆逐にいったりします。調剤薬局・ドラッグストアなどの医薬品を取り扱う店など、普通薬剤師は、保健所にチェックを受ける立場ですが、反対のチェックをする立場になるわけです。ときに、輸血用などの血液がぜんぜん足りていないので、献血運動推進も保健所の薬剤師の業務にあります。

病院・調剤薬局のように調剤はしませんが、業務の幅は広く、公衆衛生など薬学部で習った内容が生かせられます。お店や住環境など地域住民と直に接触する仕事が多く、時に生命をも脅かしかねない感染症に立ち向かったりします。その意味で、調剤とは違ったやりがいのある仕事です。

保健所の薬剤師募集は、各自治体や厚生労働省のホームページを常にチェックしないといけません。そこで、公務員試験に合格する必要があります。薬剤師求人サイトに登録すれば、求人案内というよりは、試験へのアドバイスをもらう感じになります。

それからでも、保健所勤務になるとは限らないのです。もしかしたら、薬学関係の研究所・施設、病院、麻薬取締まりなど、保健所以外に配属されるかもしれません。民間企業では、業種別の募集です。しかし、公務員は希望する部署に行けるとは限らないのです。それが、おもしろいといえば、おもしろいです。どこに行っても、安定した待遇は公務員ならでわなので、そこを念頭におけば、見方も変わってくるでしょう。

保健所の薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド