『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

外資系企業の薬剤師求人募集を探すなら!

→転職サイトランキングはコチラ!

最近は外資系企業での薬剤師求人が増えています。というのも、近頃は世界的案業界再編制によって、外資系製薬会社と日本の製薬会社が合併するケースが大変増えてきているからです。これは日本だけではなく、世界的な傾向で、日本企業が買収したり、また逆のケースも多く起こってきています。特許の問題などを含め、これからTPPの影響が製薬業界にもでてくることでしょう。

そのなかで、もちろん、いままでの医療関係だけではなくて、企業のなかで、薬剤師の資格や知識をつかってできる仕事が増えてきています。薬剤師の中でも特に狭き門と言われている研究職ですら、いまは臨床開発分野などであれば、割に見つかります。もちろん学術関連や、学校からの紹介でそのまま仕事が決まる人もいます。共同研究などを行っている場合は、企業と学校が一緒に研究をしているので、このケースが多いです。

今の臨床研究の分野では、世界と日本が同時フェーズで治験を行うことがかなり多くなっているので、その分、英語がわかって、なおかつ医療関係の知識に恵まれている薬剤師の需要が高まっているようです。

外資系企業は比較的条件がよく、年収も高い傾向があります。それだけ能力なども求められますし、とくに仕事内容も高度なものが多そうですが、それをこなして、また中堅から管理職になったりすると年収1000万近くになるケースもあり、かなりの専門性、そして高給が約束されているのです。

それだけの能力を獲得している人は、かなり色々な企業からオファーを受けるようです。やはり管理職などはつねに人材が不足しているので、すぐに仕事が決まってしまうようです。

もちろん、新卒や中途採用でも、とくに外資系の場合は中途採用の方に多くのチャンスがありますので、英語力や事務処理力などを武器に、世界的大企業、製薬会社の仕事にチャレンジしてみてもいいかもしれません。

また、すでに外資系企業で働いたことがある場合は、いまは外資の資本が入っている製薬会社、医療機器メーカーなどのオファーが非常に多い傾向にあります。まったく問題なく仕事をこなせるレベル、TOEICでいえば700点前後、また医療関係の用語に強いタイプですと、よりスキルとして認めてもらえます。30代でも40代でもかなりの年収をもらっている人もいますので、これから夢が広がる業界です。世界にチャレンジしてみたい人には、どんどんこの業界に入って活躍していただきたいですね。

外資系企業の薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド