『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

化粧品会社の薬剤師募集をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

最近ドクターズコスメのような新製品が増えてきて、専門知識を生かせるというので、化粧品メーカーの薬剤師募集もあります。募集のある部門は、商品企画・薬事申請・製品設計・調査依頼(原料規格/抽出方法/製品ラベル/表示の作成)お客様センター・市場調査・書類の作成などです。製品といっても化粧品だけでなく、ヘアケア製品から、サプリメントなどまであります。化粧品メーカーの本社ですと、ほとんどが都心の交通至便のところにオフィスがあります。ただし、工場や研究所に配属された場合は、郊外が多いです。

薬学部卒業の場合、製薬・調剤技術を応用しての新規有効成分・製剤技術の研究開発をします。例えば、最近多くなってきたナノカプセルを開発したりします。薬学の技術とアイデアをいかせられる分野は、今後も増えていくでしょう。

ただ、大手化粧品メーカーの研究開発職になると入社試験で東大卒でも落ちる位。倍率数百倍で、アナウンサー並です。大手化粧品メーカーの研究開発職に就職するのは、かなり難しいですね。ただし、特殊な才能がいる香水などの調香師は、人には、わからないほどの香りを判別しなくてはいけないので、学歴でなく、才能で入ってきます。

化粧品メーカーにおける中途採用、いわゆるキャリア採用は、欠員が出れば行われます。研究・承認申請業務・品質管理、医薬品申請業務などが、ありえます。製薬会社では、化粧品などのヘルスケア部門を拡張しているところもあり、キャリア採用では、ヘスルケア製品の開発者の募集があったりします。化粧品の研究開発に何年以上かかわった経験という、かなりのキャリアが要求されますが。

ですが、新薬の開発だけでなく、ヘスルケア製品の開発が相次いでいるので、研究職や申請業務の募集は、増えてくるものと思われます。ですので、どの部門においても、やめる人が出れば/事業の拡大があれば、募集があるはずです。化粧品メーカーのホームページや化粧品メーカーのニュースは、いつも見ておきましょう。

化粧品メーカーの薬剤師募集の大部分は、非公開求人という形をとるケースが多いです。非公開求人は、薬剤師求人サイトに登録しないと見られない種類の求人です。そして、見つけ次第、すぐに応募しなければ、すぐほかの希望者が出てきてしまいます。ですので、薬剤師求人サイトに登録して、コンサルタントに、希望する条件の求人が出次第、連絡してもらうようにしておきましょう。

化粧品会社の薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド