『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

漢方薬局の薬剤師求人を探すなら!

→転職サイトランキングはコチラ!

西洋医学とは全く違うコンセプトで治療をすすめるのに、漢方医学があります。いまは漢方の調剤薬局で、専門知識をいかして働いている薬剤師さんが増えています。もちろん西洋の医学や薬学の知識、プラス、体に負担をかけないで自然な治癒力に任せようとする東洋の考え方はきっとこれからの医学や薬学としても大事ですので、きっと将来役にたつことでしょう。また、病院などでも漢方の知識があれば、それだけ広い意味で漢方的なアプローチができるに違いありません。

また一般の人のなかでも、漢方薬を利用して気になる持病や苦痛の症状を治せること、緩和することに気づいた人も多くいます。とくに婦人科の病気や慢性疾患などで漢方を当たり前のように使うことが増えてきています。調剤薬局やドラッグストアでは、漢方薬の需要の高まりもあって、そのなかで薬剤師自身がその薬の効用や服用の仕方、または当然処方などもできると助かります。だからいまは、漢方知識のある薬剤師が非常に人気が高いようです。

インターネットなどを見ても、漢方薬局に関しての求人が多くなってきました。いまは個人の薬局だけではなく、大型ショッピングモール等にも漢方コーナーがあって、老若男女の悩みを解決しています。もともと調剤薬局、またはドラッグストアなどの年収は、病院薬剤師よりも高いですが、漢方の知識があるなど非常に専門性の高い仕事をしている場合はより評価が高くなる傾向があります。漢方薬の専門資格、「漢方薬、生薬認定薬剤師」資格を持っていると、より転職市場では有利になります。もちろん、漢方薬局で働いた職歴がすでにあるのであれば、鬼に金棒です。漢方のことに詳しい薬剤師、また個人クリニックなどでも漢方の治療を受け入れているところは、かなり高待遇で、漢方薬剤師を採用してくれるはずですし、かなりのニーズがあります。漢方薬というと、お年寄りのためというようなイメージがありましたが、いまは若い世代でも副作用の少ない薬として非常に気軽に用いられるようになりました。西洋医学とともに、東洋医学にも詳しい薬剤師は、これから転職市場で多くの需要があることでしょう。

薬剤師の転職も、多少時代のニーズのよって移り変わっていきます。現在ではより患者さんとのコミュニケーションやコンサルテーションなどに力をいれている調剤薬局なども増えています。ですから、よりコミュニケーションスキルに富んでいる薬剤師の需要が高まっています。女性はもともと男性よりも他者との対話を得意とする人が多いので、漢方薬局などでの個人コンサルテーションが向いている人が多いかもしれません。専門的な資格、職務経験を活かして転職活動をしましょう。また、インターネットやSNSなどを通じて、自分のスキルを高く評価してくれる仕事に応募すればきっと多くの企業や医療現場からオファーがあるはずです。

漢方薬局の薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド