『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

転職を繰り返すのは良くない?

→転職サイトランキングはコチラ!

結果的に転職の回数が多くなってしまった薬剤師は、新たなる転職に不利なのでしょうか?人間関係・待遇・スキルアップのために、転職をしたくなる薬剤師は多いです。

とりわけ薬剤師・看護師などの医療系は、転職に強いので、ある程度の年齢の薬剤師は、ほとんど、1回は転職経験がある、というアンケート結果があります。薬剤師以外でも医療関係者の多くは、2,3回の転職体験があるとも。さらに、医療分野では、病院・調剤薬局等と人とのシャッフルが生じているだけ、という話もあります。医局の意向で転勤させられたりする医師は、また別ですが。注目されるのは、20代の薬剤師の転職経験が一番多く、平均勤続年数は男女共3年というデータもあります。

転職経験が多くなってくると、新たな転職に悪影響が見られるのでしょうか?転職回数が、採用基準に響くのか?深く考えてみましょう。断言すると、影響を与えます。実際に病院・調剤薬局などに聞いてみると、転職3回以上になってくると、悪影響があるそうです。病院・調剤薬局などによりますが、多くのところでは、転職回数は注目されます。ただし、女性薬剤師の場合は、パートナーが転勤族ですと、勤め先が変わらざるを得なくなります。そんなときは、病院・調剤薬局などの所在地から明らかにわかるので、心配ありません。

それならば、転職3回以上の薬剤師は、もう動いてはいけないのでしょうか?もし、新たなる転職をするのならば、対策をどうすれば良いのでしょう?たとえ転職回数が多くなっていたとしても、ブレない転職理由を考えればいいのです。悪印象になってしまうのは、転職理由がブレブレな感じの履歴書です。

ブレない転職理由を提示するには、どういうスタンスで仕事をしたいか?仕事の目標は?などを、念頭におくといいでしょう。収入か?職務内容か?など、譲れない点を明確にするのが、ポイントです。履歴書の内容をストーリーとしてまとめて、向こうに無理なく伝えられれば、転職が多い事実だって、味方?に出来ます。いわば、作家的な才能が要りますね。人は生き方にストーリーを求める生き物です。でなければ、医療ドラマがあんなに流行るわけがありません。冷静に考えたら、体のどこかが悪くて、医療にかかる、というのが事実ですから。

今、一見ネガティブそうな事項を、ポジティブに表現するのがブームです。頑固なのを、ブレない生き方ができる。とか、移り気なのを、気分の転換が早い、なんて言ったりするのですよ。転職が多い事実も然りです。

病院薬剤師の求人が豊富にある求人サイトは!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド