『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

転職理由を考えよう

→転職サイトランキングはコチラ!

転職しようとしている薬剤師は、就いている職場が病院・調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社か?によって、転職理由が変わってきます。それを知れば、転職する業種を選択するのに役立ちます。

そこへもって、職種でなく環境的な薬剤師の転職理由も見てみるといいでしょう。勤務がしんどい。すなわち残業が多い・休みが取りにくいというもの。仕事内容が合わない。例えば、スキルアップできない・処方箋が多すぎるというもの。しんどい割に報われないイコール収入がもっと欲しいというもの。女性薬剤師特有の結婚・出産・育児によるもの。職場の人間関係・勤務地の環境・通勤時間によるもの。事業所の発展の見込みがないというもの。などが、主な転職理由ですね。

ですが特殊なケースでは、これらの転職理由はメジャーすぎて、当てはまりません。ですが、転職理由を考える/転職先を決める上で、ある程度は参考になるかもしれませんよ。転職を思いついた地点で、リアルに行動をとる前に、もう一度転職しようと考えた状況や、転職理由を考えてみてください。

転職理由を分析すれば、自分的にキャリアで大切にしているものが、リアライズされてきます。そこで重要なのは、転職に対するスタンスがブレず、自分自身は何が満たされていればOKで、何が満たされていないとアウトなのか?という優先順位をきちんとわかっていなければなりません。そして、転職理由で動いて、果たして満足がいく結果になるか?本当に転職したほうがいいのか?客観的に考えられます。働く上での問題は、本当に転職で解決できるのか?それが一番大事です。

例として、職場の人間関係が嫌で転職をしようと思う薬剤師がいるとしましょう。人間関係が嫌な理由は、職場にあるのか?あるいは、その薬剤師自身にあるのか? 嫌な理由が転職をしようとしている薬剤師自身にあれば、どこへ転職をしたとしても決して解消はされないでしょう。どの職場にも、良い面・悪い面があります。そうして、薬剤師によって、どうとるかという面も。転職理由に、感情的になるのは禁物。クールに自分を分析し、転職理由について考えなければなりません。

薬剤師に限っては、平成の不況下でも売り手市場です。ゆえに、えり好みしなければ他の職種と比べて転職に対するハードルは低いです。それでも、短いスパンで何度も転職を繰り返せば、当然給与は上がりにくくなります。最悪は、転職回数が雇用者側に悪印象となって、かえって転職が難しくなってしまうのです。

薬剤師求人が豊富な転職サイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド