『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

薬局長候補の薬剤師求人募集を探す!

→転職サイトランキングはコチラ!

薬局長イコール管理薬剤師です。管理薬剤師の仕事は、医薬品・薬剤師等の従業員の管理と、情報収集です。あとのオプションの仕事内容は、病院・調剤薬局によって、変わってきます。例えば、調剤薬局での管理薬剤師の仕事は、従業員・医薬品・薬局の管理と情報提供業務です。当然ほかの薬剤師と同じ調剤業務があります。

薬剤師求人で、薬局長候補に求められているスキルは、最低でも薬剤師として3年以上の経験、薬事法及び関係法規の理解、保険請求業務の知識です。まれに、人員不足の地方では、薬剤師免許のみあれば、採用されます。面接で、薬剤師としての経験や勉強するポテンシャルをうまくプレゼンできれば、薬局長候補として採用されます。あるいは、希望する病院や調剤薬局に就職し、そこで経験を積んでからに薬局長になるという選択もできます。大きな病院の門前薬局などは特殊な処方箋が多いので、勉強して薬局に欠かせない薬剤師になれば薬局長になれます。都会の調剤薬局の薬局長となると、かなりの知識や経験が要ります。

ほかにも薬局長は、服薬指導や医師とのコミュニケーションなど、調剤に関するあらゆる仕事があります。新卒の薬剤師は専門知識を勉強するだけで精一杯です。しだいにキャリアを積むうちに、薬局長の業務ができるようになります。調剤薬局チェーンが大きいと、薬局長から店長、エリアマネージャー、学術研修、本部などいろんな部門に配属されます。いろんな状況にチャレンジする気持ちが大切です。

調剤薬局チェーンによっては、最初から薬局長候補として採用される場合もありますね。薬局長候補として勤務を積んだ後、本部など管理部門への道があったりします。比較的若手の薬剤師で経営や企画に対して、意欲のある人向けです。

薬局長候補でも、駅近・自動車通勤OK・年収650万以上・土日休み・残業なし・福利厚生充実・管理薬剤師・処方箋数などが希望通り・研修制度充実・資格取得支援ありなどの、できるだけ良い条件の求人を探したいです。そういう病院・調剤薬局を見つけるためにも、薬剤師求人サイトに登録しましょう。

薬局長候補の薬剤師求人は、調剤薬局に限っては、見つけやすいです。その中でもいい条件のところは、非公開求人になっています。非公開求人は、薬剤師求人サイトに登録しないと見られません。そうした上で、見つけたらすぐに、応募ししないと、すぐほかの希望する人が来てしまいます。ですので、薬剤師求人サイトへの登録し、コンサルタントに薬局長候補の薬剤師求人で、いい求人があり次第、連絡してもらうようにしておかなければなりません。

薬局長候補の薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド