『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

幹部候補の薬剤師求人募集を探す!

→転職サイトランキングはコチラ!

調剤薬局チェーン・ドラッグストア(調剤併設ドラッグストア)によっては、最初から薬局長候補としての求人募集というのがあります。言わば、官庁のキャリア組みたいなものですね。本部の役員など上層部への登用の道が、最初からついています。

普通は、調剤薬局などにおける働きが認められて、管理職になれるのですが。ただし、幹部候補の求人募集は若手限定。薬に対する専門性とあわせて、経営もやってみたい薬剤師が募集されます。若い薬剤師で、エリアマネージャーからスタートをして、次第に上に上がっていきます。エリアマネージャーは、最低でも数店舗を監督しないといけません。全国展開しつつあるところもあるので、出張もあり得ます。多くの支店を回らないといけないので、要普免です。

調剤薬局チェーン・ドラッグストア(調剤併設ドラッグストア)には、それぞれカラーがあり、地域医療などの在宅に取り組んでいるところ、急性期の大きい病院の門前薬局ばかりで電子薬歴など最新鋭の機器を導入済みのところなどさまざまです。

福利厚生は概ね良く、地方手当、社宅、引越し手当ても出たりします。幹部クラスになれば、1000万円を超すケースもあります。ただ、定時上がりというのは、ありえません。拘束時間が長く、休日でもなにか生じれば、即動かないといけなくて、休みは取りにくいです。

幹部は、個々の薬局、あるいは調剤薬局チェーン・ドラッグストア全体の運営に関係する、すべての事項を、本部や店長と決めていく、言わば相談役のような仕事をします。調剤薬局チェーンの場合は、門前のクリニックの医師との話し合い、患者様への対応、人事異動、新しい出店候補地選び、企画などを行います。チェーン全体で働く薬剤師をはじめとしたスタッフを、うまく管理するのが、役割です。店舗の状況はどうか?よく知るため、頻繁に現場に出向いてスタッフとよくコミュニケーションします。

調剤薬局チェーン・ドラッグストア(調剤併設ドラッグストア)によっては薬剤師の役職は、店長までだったりします。ですが、会社によって、幹部にまでなれます。そういう会社を見つけるためにも、薬剤師求人サイトに登録しましょう。薬剤師の幹部候補の求人募集がいる会社は、発展しつつある会社でもあるので、おすすめします。新卒の薬剤師の大半は、薬の専門性を高めようとします。ですが、調剤薬局チェーンなどで働くうちに、店長やエリアマネージャーの仕事にも興味を持つ場合もあります。調剤薬局チェーン・ドラッグストアには、薬剤師の創業者もいます。

幹部候補の薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド