『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

病院の薬剤部長の求人募集を探す!

→転職サイトランキングはコチラ!

さまざまな医薬品を取り扱うことになる病院の薬剤部は、適正な医療活動を続けるための屋台骨ともいえる部署です。患者の方に対しての投薬調整はもちろん、手術などで用いる薬剤の管理なども一手に担う部署であり、薬剤部が正しく機能することが信頼できる医療の大前提になっています。その重要な薬剤部の責任者は実医療に対して豊富な経験、正しい知識を有した人材である必要があり、病院組織内で欠員が生じたからといって簡単に補充することができないポストです。

内部のスタッフで適した人材がいる場合はそのまま昇格してもらい、ポストの空白を埋めることで補えますが、まだまだ経験不足であったり、逆に昇格したことによる現場の欠員が深刻な場合もあります。病院をはじめとする医療の最前線では人材不足が深刻な問題になっていて、ひとりの欠員が現場運営にとって致命的になることもあります。そのため、病院の枠を超えて能力やノウハウを持った人材を幅広い視点で募るような動きが活発化しています。それは責任者である部長ポストでも同様です。

さらに、病院の立地によって人材の偏りが生じている場合もあります。地方部の病院では人手自体が足りず、都市部の大病院では人員は豊富に揃っていてもポストがないというような状況も起こっています。そのような状態を解消するために、医療従事者の人員配置適正化、それも病院の枠を超えた適正化が重要とされているのが現状です。そのため、薬剤師を取り扱う転職エージェントでは管理職レベルの人材募集も多く存在していて、各医療機関が適した人材の紹介を待っているような状況です。

基本的に部長職クラスになれば一般的に公募されることはなく、転職エージェントのサイトの中で探しても出てくることは少ないです。サービスとして人材マッチングを行っている運営側が情報を握っている場合が多く、特別なオファーとして登録者に紹介されることがほとんどです。転職の理由として十分に経験も積んで次のステップに進みたいけれどポストがなかったという方は、その旨をエージェントのコンサルタントに相談することでオファーを受けることができる可能性があります。

基本的にこのような重要なポストは安易に人員を補充できるわけではないため、組織上は別の部署の責任者が兼務して維持している場合もあります。どのような人材を配置するかで部署自体の舵が定まってしまうため、病院側としては慎重に人材を配置したいと考えています。タイミング次第ではありますが、転職エージェント内にこのような管理職求人案件が存在している可能性は高いです。

薬剤部長の募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド