『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

薬剤師エリアマネージャーの求人募集を探す!

→転職サイトランキングはコチラ!

エリアマネージャーは、個々の薬局、あるいは調剤薬局チェーン・ドラッグストア全体の運営に関係する、すべての事項を、本部や店長と決めていく、言わば相談役のような役割です。

調剤薬局チェーンの場合は、門前のクリニックの医師とのやり取り、患者様への対応、勤務シフト管理・人事異動、新しい出店候補地選びなどを行います。そこで働く薬剤師をはじめとしたスタッフを、うまく動かすのが、役割です。店舗の人事はそれで妥当か?よく知るため、現場に出向いてスタッフとよくコミュニケーションします。

調剤薬局チェーン・ドラッグストアによっては薬剤師の役職は、店長までだったりします。ですが、会社によっては、エリアマネージャーにまでなれます。そういうところを見つけるためにも、薬剤師求人サイトに登録しましょう。

薬剤師のエリアマネージャーがいる会社は、発展しつつある会社でもあるので、おすすめです。新卒の薬剤師は、薬のスペシャリストを目指します。ですが、調剤薬局チェーン・ドラッグストアで働くうちに、店長やエリアマネージャーの仕事にも興味を持つ人も出てきます。現に、調剤薬局チェーン・ドラッグストアには、薬剤師の創業者もいます。

調剤薬局チェーン・ドラッグストアでは、調剤のみ・OTC販売・OTC+調剤など仕事内容は様々です。そして、勤務成績がいいと、管理薬剤師もしくは店長からはじまって、エリアマネージャーなど本部スタッフに登用されるのです。管理薬剤師もしくは店長は、調剤薬局・ドラッグストアの管理責任があり、そのための雑務が多いです。そうやって、役職が付いてくると700万円-1000万円を超える年収があります。やりがいだけでなく、収入の面でもいいです。

調剤薬局・ドラッグストアの薬剤師の年収は、平均400-700万円です。ですが、成長著しい調剤薬局チェーン・ドラッグストアの幹部クラスになれば、1000万円を超すケースもままあります。ただ、定時上がりというのは稀。拘束時間が長く、休みは取りにくいです。多くの支店を回らないといけないので、要普免です。

エリアマネージャーの求人募集でも、収入が良くて、福利厚生が充実していて、風通しがいい、できるだけ良い条件の求人を選びたいです。そういう会社を見つけるためにも、薬剤師求人サイトに登録し、コンサルタントに相談しましょう。コンサルタントは色んな会社の実情などを知っているので、おすすめの会社を探してくれますよ。

エリアマネージャーの薬剤師募集の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド