『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

今後の薬剤師求人事情

→転職サイトランキングはコチラ!

世界的規模の不況・6年制への移行・薬科大学の新設・登録販売者制度開始など、薬剤師をとりまく状況は大きな変化を迎えています。当然、薬剤師の就職・転職も変化し、厳しくなるハズです。

この規制緩和の影響により、薬剤師の供給が需要を上回るようになるからでしょう。平たく言うと、買い手市場になるはずです。ですので、その中で生き残りのために、薬剤師はスキルを磨かなければなりません。今の調剤薬局勤務で、400万円くらいの年収で、管理薬剤師がつくと600万円くらいです。そのポストすら、キープするのが大変になるかもしれません。

それより収入を得たいならば、調剤のスキルプラスアルファの能力が求められます。調剤薬局でキャリアを極めていくならば、経営能力ですね。ふつうに薬剤師として調剤できるだけでは、高給はもらえません。薬の相互作用や、イレギュラーな飲み方を知っているなどという本来の勉強だけでない能力が要ります。服薬指導する際に、カウンセラー的役割をするとか。経営学を勉強して調剤薬局経営に生かすなど。

しかし、多くの薬剤師が、スキルアップよりも、さらなる待遇を求めて転職したりするのですね。一部の薬剤師は、スキルアップを考えての転職をしますが。主婦のパート薬剤師でない限り、仕事は8時間はあるものです。やりがいを持って、仕事ができないと、いずれストレスが溜まって健康を害してしまいます。そうなれば、いくら高収入の職場へ転職をしても、生涯賃金でいけば、前の職場のほうが良かったなんて事態にもなりかねません。

現に、製薬会社のMRなどは、やりがいが無いとかストレスが溜まるなどの理由で、高給であるにもかかわらず、調剤薬局に転職したりします。今後の薬剤師求人事情、転職する環境がハードになるならば、やりがいを基準にすれば、生き残りは十分に可能でしょう。

そうは言っても、薬剤師の需要は、減らないどころか増加していくのもありえます。高齢化が止まらず、医療のニーズが増えるとか。IPS細胞などの増加で医薬品が増えるとか。医療制度が良くなって、誰でも最先端の医療が受けられるようになるとか。調剤以外の職場・活躍の場が出てくるとか。現に調剤薬局が、在宅医療をはじめており、今までに無い経営形態ができ、薬剤師の新たな雇用創出がなされています。ですので、絶対に薬剤師が余るようになるとも、言えません。楽観的になっていい、なんて意見もあります。

薬剤師求人が豊富な転職サイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド