『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

転職の流れを押さえよう

→転職サイトランキングはコチラ!

薬剤師が、転職を実行に移した場合。流れというものがあります。一から自力でやるなら別として、薬剤師求人サイトを利用すると、決まった流れがあります。まず、薬剤師求人サイトに登録します。そうすると、コンサルタントから連絡があります。電話で、希望条件を聞く場合が多いですが、ていねいなところは、会社に行って面談をします。それから、希望に合いそうな求人を出してもらいます。その中から、行ってみたいところを選択すると、コンサルタントが雇用者側に連絡して、前もって交渉しておいてくれます。交渉成立ならば、面接日が決まって、面接。コンサルタントを経由で合否の連絡がきます。

というのが、だいたいの流れです。何回求人を提示されても気に入らない/面接がうまくいかないというのが続く場合は、そこで流れが止まってしまいます。しかし、そうしたケースは稀でしょう。

難しい調整や交渉の大半はコンサルタントがしてくれるので、薬剤師は、転職に随う雑務をしなくていいのです。今の業務に専念でき、これが大きな利点です。働きながら子育てしながらの転職活動は、新卒の頃と違って大変です。平日の日中に動くのは、かなりハードルがあったりします。

薬剤師求人サイトがやってくれるサービスは、似ています。が、薬剤師求人サイトにより、調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社、どの分野が強いか?というのが、あります。コンサルタントが、面接に同行してくれる/何度も先方に足を運んでくれるか?という、違いもあります。ですので、いくつかの薬剤師求人サイトに登録しておいたほうがいいでしょう。ようは、得意分野とサポート=面倒見がいいかの差があるわけですよ。

元薬剤師のコンサルタントならば、薬剤師のスタンスを良く知っています。が、それ以外ですと、薬剤師のニーズの、かゆいところに手が届かない。って言う場合はありえます。もちろん、元薬剤師でなくても熱心な人はいますので、一概に言えませんが、業界に明るいというのは、大事な条件です。

薬剤師個人で動いてもいいのですが、個人では得られないの情報や細かい内情、非公開求人の内容なんかも、薬剤師求人サイトは豊富です。手間が省けるだけではないのです。また、調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社に逆指名もかけられたりするのです。さらに、履歴書・職務経験書の添削や面接シュミレーションなどもしてもらえます。だから、やっぱり、登録したほうがいいでしょう。

薬剤師転職サイトを徹底比較!人気のサイトは…!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド