『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

スポットバイトの薬剤師求人情報を探すなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

薬剤師という資格のある職業であってもスポットやバイトで働くことは可能でしょうか。女性の場合など、特に復職後などでバイトの薬剤師として働く人はとても多い時代です。バイトの薬剤師の方は一般的に、大学卒業後に就職し、結婚や出産を機に退職し、数年後、子どもが少し大きくなったのでバイトとして働く、という働き方の選択をされていることが多いようです。

実際に、バイト(パートを含む)の薬剤師の約7割が30〜40代なのですが、その中でも、既婚でかつ子どものいる主婦の方が約8割になります。特に近所の調剤薬局などでのアルバイト・パートで働く方が多いのです。また扶養の範囲内で働きたいというニーズも多く、この内、週の労働時間が20時間未満で年収が200万円に満たないようにしている人も多いです。

では正社員では無くバイト・パートで働く時の条件とは何でしょうか。雇う側から求められるのは、正社員のフォローです。患者だけでなく、常勤薬剤師のサポートもおこなう必要があるでしょう。あなたがバイトとして働いてくれるからこそ、常勤薬剤師は安心して休憩を取ることもできます。そして、休暇だって取ることができるのです。そのため、バイトの薬剤師は、常勤薬剤師のサポートという意味では、かなり大きな貢献をしていると言えます。そう考えると、バイトとして働くこともとても、とてもやりがいのある仕事ではないでしょうか。

一方働く側の条件としてはバイトの薬剤師でも、週の労働時間によっては保険に入れるかどうかが異なってきます。そのため、ここは家庭の事情とうまく照らし合わせながら、転職サイトなどのコンサルタントに相談する必要があります。扶養家族の中で済ませたいのであれば、労働時間を減らす必要が生じてくるかもしれません。また、このようなバイトの薬剤師として働きたい者があげる要望として一番多いのは会社までの距離やその通勤時間の短さにあります。そして、その次に多いのが100円でも時給が高いことです。もちろん、全ての要望を叶えるのは、とても難しいかもしれません。しかし、コンサルタントに自分の細かい要望をしっかりと伝えるほど、自分の希望に近い求人をきっと紹介してもらえるようになるのです。

現在は、24時間営業のドラッグストアなども増えてきています。薬剤師へのニーズはストアの増加に比例して増えてきているとも言えます。転職サイトなどでも、バイトやパートの求人も多く見かけるようになっています。信頼の置ける転職支援会社に登録して、自分に合った条件をしっかり伝えておけば、きっとピッタリの仕事が見つかるはずです。

スポットバイトの薬剤師求人の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド