『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

認定薬剤師取得支援有りの薬剤師求人をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

キャリア志向の薬剤師のこだわりる条件として、認定薬剤師取得支援制度があります。認定薬剤師取得支援制度とは、認定薬剤師の取得がしやすいように、雇用者側が、バックアップする制度を言います。具体的に病院・調剤薬局がしてくれる支援は色々あります。

認定薬剤師資格取得のための費用は全額/半額補助・休日に研修あるから休日手当2万円の支給・認定薬剤師資格取得後手当が毎月2000円・認定薬剤師資格取得のためのe-learning費用の補助・認定薬剤師だけでなくアロマ資格などの好きな勉強に対して年間10万円が支給などです。

認定薬剤師の制度は、薬剤師がスキルやキャリアをアップをしてもらおうという目的で出来た教育制度です。医療技術が、ますます高度で専門化されています。そこで、特定の医療分野に関してをスキルや知識を持つ薬剤師を育てなければならなくなってきました。学びたい分野で認定されると認定薬剤師になれます。認定薬剤師の種類は、極めて多く、代表的なものだけで以下のものがあります。感染制御認定薬剤師・HIV感染症薬物療法認定薬剤師・漢方薬、生薬認定薬剤師・研修認定薬剤師・がん薬物療法実習指導薬剤師・救急認定薬剤師・精神科薬物療法認定薬剤師などです。今あるだけでも多岐にわたりますが、今後もっと増えてくるでしょう。

そこの病院・調剤薬局が関わる分野に特化した薬剤師ができれば、病院・調剤薬局が患者様により良い医療を提供できます。さらに、薬剤師もキャリアアップができるようになります。転職するときにキャリアアップが最優先の人は、認定薬剤師取得支援有りの薬剤師求人を探しましょう。認定薬剤師を取得すると何らかの手当が支給されるところも。また、こういう制度が充実している病院・調剤薬局は、勉強熱心な人が多いので、転職をするとプラスになるのではないでしょうか?

毎日機械的な調剤のみで、同じ業務ばかりと感じると、やりがいもなくなります。どうしてこういう処方箋になるか?よくわかってくると、さらなるキャリアアップが出来るのです。医師は案外、教科書どおりの処方箋を出しません。一人一人の患者様に合わせて、臨床データに基づいた固有の使い方をします。

そのための選択肢の一つとして、認定薬剤師取得支援制度がある職場への転職が考えられるのではないでしょうか?同じ調剤するにしても、毎日が勉強でになり、新しい医療の側面が見えます。やりがいが出来ます。薬剤師求人サイトに登録すれば、認定薬剤師取得支援制度がある求人を、容易に見つけられます。

認定薬剤師取得支援有りの薬剤師求人の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド