『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

夜間パートの薬剤師求人をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

病院薬剤師として常勤で働いていると、給与が安い場合があります。とりわけ、国立病院の20代の病院薬剤師の給与は安いです。そんなときは、週1か月に数回ほどでいいから、夜間パートをしたいなと思ってしまいます。あるいは、昼間は企業や大学で研究をしているので、夜間に稼げる仕事を探している薬剤師もいます。

そのとき、職場にばれないのか?税金はどうしたら良いか?気になります。職場の人が来ないようなところで夜間パートをするのなら、バレないようです。税金は、確定申告が必要になってくるから、その分面倒です。夜間パートの薬剤師求人の相場は、一般的に2500円以上とされています。薬剤師求人サイトの非公開求人に、時給が良い夜間パートの薬剤師求人があるそうです。

見つけたらすぐ応募しないと、すぐほかの希望者が来てしまいます。ですので、登録した上で、連絡があればすぐに動きましょう。薬剤師求人サイトのほうも、手数料が夜間パート先の病院から入るので、積極的に時給交渉をしてくれます。薬剤師求人サイト経由ですと、働きたいだけ、希望の時給がもらえるのですよ。例えば、週2回、救急外来で1回12000円とか。薬剤師個人で応募すると、それより低い時給で、1週間にもっと入ってくれ、となります。とにかく夜間パートの薬剤師求人は、薬剤師求人サイト経由ならば3000円オーバーは余裕だそうです。夜間パートの薬剤師はなり手が少ないので、高い時給が提示されていますが、少しでも多くもらいたいですね。

薬剤師求人サイトは、大手のところと、小さくても長く続いているところに入ります。そこでは、条件が良い薬剤師求人がたくさんあるのです。結構、近所の病院に色んな夜間パートの薬剤師求人が良い条件でありますよ。ただし、常勤で働いている場合は、体力的な問題があるので無理をは禁物。本業が疎かになってはいけません。

ただ、看護師ではないですが、夜間パートの薬剤師をする場合は、コストパフォーマンスのいいところで週4日とかするといいですね。夜間パート専属ですと、昼間寝る時間を確保する以外は、空いている時間に用足しができます。ATM行くだけでも、混んでいるお昼休みの時間帯などを避けられますね。

薬剤師求人サイトでは、夜間パートの薬剤師求人特集をしていたりします。薬剤師が企画した薬剤師求人サイトは、薬剤師の立場がわかるので、夜間・掛け持ちOK・夜間のみOKなんて条件で検索できるのですよ。

夜間パートの薬剤師求人の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド