『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

独立開業検討中の薬剤師向けの求人をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

大学病院などで、最新の勉強をしたい。という方向性とは別に、いつかは独立したいという薬剤師も少なくないです。医師が専門性を極めたいというよりも、独立開業をしたい、と思うのと同じように。しかし、独立開業検討中で、気になるのは、資金や勇気、思い切り。果たして薬局経営ができるか?不安になります。

独立開業検討中の薬剤師向けの求人は、何といっても、専門的の知識・経験にプラスアルファ、必要な経営感覚を学べる調剤薬局がいいです。それには、経理・財務・ITなどの基礎知識です。いざ、独立開業したときに、銀行や税理士の説明がわからなければ、困ります。そのため、ある程度大き目の調剤薬局で、幹部クラスになるくらいの経験が要るでしょう。

ですから、いったんは大きな調剤薬局に就職して、ある程度の経営に関する事項を勉強しておかないといけません。別に、普通の調剤薬局に勤めた経験があれば、それで独立開業してしまう薬剤師もいます。しかし、それでは、マネージメントの力は不十分です。同じく、IT関連も基礎知識は持っておいてください。

もはやコンピュータについての基礎知識は、薬局を経営する上で必須です。処方箋入力などの調剤薬局パックのプログラムで充分ではありません。これからは、パソコンがトラぶったときにどうするか?どこにトラブルシューティングしてもらうか?という知識が要ります。門前の病院などが、電子処方箋の導入をしているのなら、いやおなしに電子薬歴になってしまいます。副作用などの情報も、添付文書がネット上に上がってます。患者様のほうが詳しく調べていたりする時代です。薬の知識は、誰でもネットで調べられる時代です。

売り上げや、確定申告などは、事務員や税理士に丸投げという、薬剤師もいます。が、パソコンで売り上げを出したり、確定申告の資料を作ったりするのが苦ではない程度になっていないといけないでしょう。今の、20-40代は、パソコンを仕事から遊びまで使い倒します。しかし、まれに苦手な人がいるので、慣れていきましょう。

独立開業のための資金も重要です。銀行は融資してくれますが、ある程度用意したいです。そのため、少しでも給与のいい薬剤師求人を見つけましょう。あるいは、あえて、離島や僻地などの、明らかに給与のいい薬剤師求人を選択するのもアリです。独立開業につては、独立開業を先にしている薬剤師に実際に聞いてみたり、ソーシャルネットワーキングシステムで調べてみる、というのもいい対策です。

独立開業検討中の薬剤師向けの求人情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2018 薬剤師転職サイト比較ガイド