『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

Iターン・Uターン/地方の薬剤師求人をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

Iターンとは、主に都会出身の人が、田舎暮らしなどで、地方に就職する場合。Uターンとは、都会で勉強したり就職した人が、田舎である郷里に戻って就職する場合です。あるいは、Jターンといって、都会で勉強したり就職した人が、田舎である郷里まではもどらず、その郷里の県庁所在地などもう少し便利な場所に就職する場合を指す単語も。

Iターン・Uターンは、地方の薬剤師求人を探さないといけません。薬剤師求人サイトに登録しましょう。薬剤師の年収は、地域によって変わります。教師・医師と同じく、来手がいるかどうか?で決まってくるのです。地方の薬剤師求人は、ほとんど東京23区にいたときなどより高給になります。同じIターン・Uターンでも、より薬剤師が少ない地域ですと、当然給料は良くなります。一般的には、都会に比べて地方は給与が安いのですが、薬剤師のような専門職の場合、その逆です。加えて、地方でも県庁所在地より、不便な市町村では、顕著です。同じIターン・Uターンでも、年収に100万円以上の差があるときも。

地方に行くのは、都会好きには嫌で、家の事情で仕方なくかもしれません。ですが、薬剤師不足を解消してあげるので、別の生活の張り合いがありそうです。一見不便そうですが、家族があると、年収が大事です。Iターン・Uターンは、多くの薬剤師求人は、待遇はいいのです。中でも、ドラッグストアでは、薬剤師が居ないと、販売できない薬も多く、給与を多くしても、薬剤師を常駐させておかないと、営業が成り立たないのです。

医師の場合は、未だ医局制度があって、研修後にお礼奉公として、数年間地方の病院へ遣られます。また、医局内の事情によっては、地方の病院に飛ばされたままだったりします。ですが、薬剤師は、医局のようなものがありません。どうしても便利で刺激がある都会に、薬剤師が偏ってしまいます。

製薬会社勤務になると、調剤薬局とは事情が違ってきます。地方か都会かで、年収に大きく差がつく話は聞きません。また、地方か都会かというのは、病院・調剤薬局やドラッグストア勤務の薬剤師のみです。Iターン・Uターンも名古屋や大阪などの大都市にしか、ありません。支社や支店がないからです。

Jターンで県庁所在地などに戻る場合は、薬剤師が過剰気味です。不足していません。薬剤師求人は東京23区ほどでないにしろ、取り合いです。しかし、その隣の市、場所がずれてしまうだけでも、待遇がガラリと変わったりします。

Iターン・Uターン/地方の薬剤師求人の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド