『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

電子カルテ導入済み施設の薬剤師求人をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

電子カルテ導入済み施設というと、大学附属病院などの大きいところになってきます。あるいは、電子カルテ関連で電子処方箋というものを取り入れている病院・調剤薬局があります。診察を受けた患者様は、医師から説明を受けて電子処方箋を薬局に送ることに同意。診察室などのパソコン端末から希望の薬局を選びます。すると、患者様のデータが、病院の電子カルテから外部のサーバにいきます。患者様希望の薬局は、そのサーバにアクセスして、データを得ます。

患者様のデータの閲覧は、薬剤師ごとに与えられたIDとパスワードを使うので、それ以外の薬剤師は、その患者さんのデータを見れません。そこには処方情報=電子処方箋のほかに、疾患名や検査データ、薬物アレルギー歴などもあります。調剤薬局では、この患者様のデータを参照しながら、調剤・服薬指導をします。患者様の希望でジェネリック=後発品に変更したり、疑義照会があったりして薬剤や用法・用量が変更になると、その事実を入力すれば、サーバ経由で医師にフィードバックします。

さらに、副作用歴・服薬コンプライアンスなどは、薬剤師コメントの画面に記入すると、次回の診察の時に医師が治療に生かせます。電子処方箋は、薬局で薬剤師が操作するだけで、医師と情報のやり取りができるのです。薬局のパソコンに必要なソフトをインストールする必要はありません。

電子処方箋では、早く正確に診療情報が参照し合えるので、患者様との信頼関係が深まり、次も来てもらえます。薬局の発展につながるのです。さらなる薬剤師のメリットは、医師がカルテに記載している事項が見られる点にあります。ですので、いちいち疾患について聞き出して、患者様に面倒くさがられたりしません。また、副作用情報などの患者様の情報を、医師にフィードバックできて、投薬の安全性の向上や適正な使用が進むのです。

実際の声としては、かかりつけ薬局にしてもらえた、病名がわかるので説明すべき薬効がわかりやすい、という現場の声があります。電子カルテ導入済み施設の薬剤師求人は、薬剤師求人サイトでも特集が組まれていたりして、すぐ見つかります。また、そういう病院・調剤薬局は、規模が大きいところが多いので、数多くの処方箋が経験できます。どちらかといえば、キャリア志向の薬剤師求人です。

同じ電子カルテ導入済み施設でも、駅近・自動車通勤OK・年収650万以上・土日休み・残業なし・福利厚生充実・管理薬剤師・処方箋数などが希望通り・研修制度充実・資格取得支援ありなどの、できるだけ良い条件の求人がいいですね。そういうところを見つけるためにも、薬剤師求人サイトに登録しましょう。

電子カルテ導入済み施設の薬剤師求人の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド