『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

扶養内パートの薬剤師求人をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

女性の薬剤師は、家庭と両立しながら働けます。しかも、子供が幼稚園に上がってからとか、職場復帰するのがし易いです。家庭を持つ女性薬剤師で多いのが、扶養内パートでの勤務です。扶養内パートとは、夫の配偶者控除が受けられる年収の範囲内でのパートです。配偶者控除は扶養する配偶者がいると、税金が控除される制度。扶養されている配偶者の年収が103万円以下の場合に、配偶者控除が適用されます。

扶養内パートの薬剤師求人を見つけるには、どういう注意点があるのでしょう?前提として、扶養内パートの範囲でしか働かないほうがいいのかという点。薬剤師で年収103万円以下で置いておくのは、損な気がします。子供の幼稚園の送り迎えが大変とか、子供がお受験するとか、体力的にきついとか、いうのなら別です。が、扶養者控除よりも稼いで出てくる税金の負担と、増収。これをよく考慮しないといけません。

それでも、扶養内パートの薬剤師求人を探す場合には、さらなる注意点が出てきます。家庭があると、ただ単に時給だけでは、決められません。自宅から近いのはもちろん、子供の送り迎えに都合のいい勤務時間か、急に休まなければならない場合は融通がつくか、車通勤は可能か、などです。年収103万円以下なのに、家庭を疎かにしてまでは働けません。コストパフォーマンスが問題になってきます。

職種は限られます。扶養内パートの薬剤師求人のほとんどは調剤薬局かドラッグストアです。どちらにするかは、好みやキャリアによります。将来的子供が大きくなったらバリバリ働きたい人は、調剤薬局がいいかもしれません。今だけ扶養内パートで働くのか?いづれフルタイムくのか?扶養内パートからキャリアアップするのかしないのか?が、問題になってきますね。

扶養内パートの薬剤師求人は、容易に見つけられます。個人で動いてもいいです。が、家庭があるという点を踏まえて探すならば、薬剤師求人サイトへの登録がいいでしょう。条件検索で、少しでも働きやすい求人を探せます。

扶養内パートの薬剤師求人の状況は、刻々と変化します。それに対応できるのは、薬剤師求人サイトだけです。薬剤師が足りないので、午後も入って欲しいところでも、コンサルタントを通せば、午前中のみの勤務可能になったりします。さらに、薬剤師側の希望に合わせて、求人が出ている/いないに関わらず、希望する調剤薬局などに問い合わせし、希望する条件に合いそうな求人があれば、面接をアレンジしてくれます。

扶養内パートの薬剤師求人の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド