『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

漢方取り扱い施設の薬剤師求人をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

漢方取り扱い施設の薬剤師求人は、漢方薬剤師になりたい場合には、どうしても探したいものです。漢方専門の薬局で、キャリアを積むのが、一番の近道でしょう。そうして、現場での経験を積んで漢方薬・生薬認定薬剤師を取っても、漢方薬剤師のニーズは、まだ低いのです。

漢方取り扱い施設の薬剤師求人というのをもっと広げて解釈すれば、もっとハードルが下がります。例えば、市販のパックの漢方薬を多く並べているドラッグストアに就職する。もしくは、葛根湯などの決まった処方、ツムラ等の、漢方薬の処方箋を多く出す、クリニックの門前の調剤薬局を選ぶとかです。しかし、漢方薬を、お客さんの症状に合わせて量って調合できる醍醐味は、ないですね。漢方薬のパッケージは、標準的で代表的な漢方処方を、標準的量で調合してあるだけです。

漢方薬剤師になるには、実務経験だけでは、無理です。国家試験とは別の、漢方に対する知識が問われます。漢方薬剤師と公的に認知されるには、漢方薬・生薬認定薬剤師を取るのが、最低限のスタートラインです。日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が実施する研修を受けて、そこの試験に合格しなければならないのです。そうして、漢方薬剤師になっても、中国のように量って調合できるの漢方は、保険がきかないので、高いのです。いきおい、患者様の需要は少なくなります。

一般的に薬剤師は、漢方については、勉強はあまりしていません。薬剤師国家試験でも、設問はわずか。調剤薬局・ドラッグストアでも、ツムラ等の決まった処方のパッケージを調剤するか・売るだけだからです。本当に漢方薬剤師になるには、患者様の証=細かい症状に合う生薬を調合できなければなりません。そうなると、中国の中医学の医師に近い仕事になってきます。相当な知識が要ります。

調剤薬局・ドラッグストア勤務であっても、漢方薬・生薬認定薬剤師を取得すれば、患者様・お客様に正しい漢方薬情報を、自信を持って伝えられます。単に、パッケージを渡すだけでは、ありません。質問にも答えられます。

医師の中には、中国の中医学の医師レベルで漢方薬を勉強している人から、胃炎にはツムラの何番、と、機械的に処方する人までいます。ですから、漢方取り扱い施設の薬剤師求人といった場合、どの程度漢方薬に造詣が深い医師のクリニックの門前調剤薬局か?あるいは、処方箋調剤とは別に漢方薬を調合しているのか?詳しく調べる必要があります。求人の場所は、首都圏だと京浜東北線などの23区に近いところから、小田急などで行った郊外まで、様々です。

漢方取り扱い施設の薬剤師求人情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド