『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

年収500万円以上の企業の薬剤師求人をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

年収500万円以上の企業、薬剤師の仕事というのはけっこう多くあります。だいたいの薬剤師の平均年収が533万円ということになっているので、多かれ少なかれ500万円は平均です。もちろん職種によって多少は年収が異なるのですが、調剤薬局でだいたい管理薬剤師レベルで500万以上、そしてドラッグストだと少々高めになり、店長クラスになると700万円レベルの人もいるようです。ですが特別なことがない限りは、だいたい500万円くらいが相場と言えます。このほかに病院薬剤師という仕事があり、こちらはだいたい平均して400万円から600万円前後となります。ほかの職種に比べると少々少なく感じますが、その分、薬剤師としての基本的な仕事を学べることから人気があります。

薬剤師の経験を積む意味で、はじめは病院薬剤師として勤めようされるケースが多くなってきています。それから次の段階としてより新しい職種、調剤薬局や企業などを考えます。基本的な力と知識さえあれば、きっと病院薬剤師を起点としたほうが、キャリアパスはスムーズとなります。実際の転職活動としては、現在ではインターネットによる検索が普通です。色々な条件を指定して、希望条件にあった仕事を見つけることができます。

製薬会社でも、ポジションによって多くの年収のブレがあります。最初は300万円程度だったとしても徐々に昇級します。最初は給料が安めでも、将来に繋がるスキルが得られる場合は、数年は我慢するつもりで経験を積んでもいいですね。その経験をひっさげて転職活動をすればきっとあなたの希望、年収500万円に近い仕事が見つかるに違いありません。こまめにインターネットを使い、実際いま転職市場にででいる案件を吟味してください。また、薬剤師なら、一度は考える研究職はやはり狭き門です。だいたいは製薬会社といっても営業職の仕事に就くことが多くなります。せっかくの薬剤師の知識ですから、様々な分野で活かせるほうがいいに決まっていますが、くれぐれも自分の適正を知ること、また転職チャンスを活かすことは大事です。

それぞれの仕事で、500万円レベルの給与をもらうには、中堅からリーダー、また管理職になるクラスで、なかなか初任給から500万というのは難しそうです。ただし、段階を踏んでスキルや経験を磨き、それに到達できる人は少なくありません。いままでの職務経歴や人脈、つまりネットワークを活かして、きちんとこまめに情報を集めておけばチャンスは必ずやってきます。より多くの年収や待遇の良い仕事を見つけるのは、なによりも身軽さと適応力も大事になってきますのでつねにフットワークをよくしておくことが必要なのです。

年収500万円以上の薬剤師求人の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2018 薬剤師転職サイト比較ガイド