『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

午後勤務のみの薬剤師求人をお探しなら・・・

→転職サイトランキングはコチラ!

夜間パートの薬剤師求人で、時間外手当の多くもらえるところは無理でも、午後勤務のみは、午前勤務のみの薬剤師求人よりも多く稼げます。クリニックの門前薬局ですと、午後診のために開けている時間は、時給がいいからです。それだけ、来る人が少ないからですね。

薬剤師の勤務時間はだいたい、午前・午後勤務に分かれます。一般的にパートの薬剤師は、家庭を持つ薬剤師が多いですが、午前パートはお子さんが小さい人。午後パートは、お子さんが大きい人という感じですね。中高生ともなると、送り迎えも要らないし、学費の要る時期なので、割のいい午後勤務のみの薬剤師求人がいいわけです。

午後勤務は、平均して19:00-20:00に終えるところが多いですから、そんなに負担はないですね。夕食も、パートナーが早く帰って来ないならば、帰宅が21:00とか夜遅くなっても問題はないでしょう。午後診に合わせて3:00-4:00からとかが多いので、勤務先に行くまでに、銀行や郵便局などの用も済ませられます。勤務が終わってからでも、都会ならば、スーパーの類は余裕で開いています。夕食の買い物も、帰りにできます。

平日の午後のみの勤務といきたいところですが、クリニックの門前薬局は土曜日は1:00-2:00までやっているわけです。その土曜日出ないといけないかどうかは、薬剤師求人サイトのコンサルタントの交渉次第です。土日おでかけしたい向きには、平日の午後のみの勤務が、どうしてもいいですよね。土日の時給はいいですが、そこまで高い時給にこだわらない人もいます。

午後勤務のみの薬剤師求人は首都圏や大都市圏に多く見られます。その中でも、条件を絞りたければ、薬剤師求人サイトのコンサルタントに相談しましょう。車通勤可能・駅から近い・扶養内での勤務・処方箋少なめ・曜日限定・時給高めなどです。理想的な求人は突然出るので、よく探しましょう。

午後勤務のみの薬剤師求人は、調剤薬局が多くあるので、見つけやすいです。午後勤務のみの薬剤師求人の中でもいい条件のところは、非公開求人という形になっているケースが多いです。非公開求人は、薬剤師求人サイトに登録しないと閲覧できません。そうした上で、見つけ次第、応募しないと、すぐほかの希望する薬剤師が来てしまいます。ですので、薬剤師求人サイトに登録してから、コンサルタントに、午後勤務のみの薬剤師求人でいいのが出次第、連絡してもらうようにしておきましょう。

午後勤務のみの薬剤師求人の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2018 薬剤師転職サイト比較ガイド