『薬剤師転職サイト比較ガイド』人気サイトを口コミでご紹介!

好条件の薬剤師求人情報を探すなら

→転職サイトランキングはコチラ!

薬剤師の好条件の求人にはどんなものがあるのでしょうか。好条件と一言で言っても、それぞれに希望する条件は違うはずです。高収入を得ることが1番の好条件と考える人もいますし、福利厚生がしっかりとしているなどの働く環境に重きを置く人もいるでしょう。または、会社までのアクセスや立地条件を重要視する人もいます。しかし、好条件と言ってはじめに連想するのは、やはり給与面における待遇があげられます。

実際のところ、薬剤師で年収が1000万円を超えるような求人は、そう滅多にお目にかかれないのが現状です。薬剤師で年収1000万円を超える仕事につくのは非常に難しいといえます。少なくとも、病院や薬局などで働いている限り、その実現は厳しいでしょう。

ドラッグストアや、調剤チェーンとしてトップにのぼりつめれば話は変わってきますが、臨床の現場に近い立場に身を置いている薬剤師であれば、年収1000万円は、残念ながら諦めた方が良いかもしれません。

ただし、調剤業務などの、いわゆる世間で認識されている薬剤師としての業務に特にこだわらないのであれば、年収1000万円以上も決して夢ではありません。最も現実的な手段としては、製薬会社などの企業に勤める、といった方法があります。多くの大手製薬企業では、勤続年数等にもよりますが、平均の年収が1000万円近くになる人もいます。そのため、正社員としてしっかりと働けば、40代になるころには、きっと年収が1000万円を超すことができるでしょう。

正直、病院ではそもそも薬剤師という仕事の給与水準が低いため、年収を上げること自体とても難しいことなのです。薬局などで働く薬剤師であっても、当初の給料は他よりも高目ですが、決して伸び率が良いとは言えません。それに対して、製薬企業であれば、その後の給与の伸び率も非常に大きいので、年収で1000万円を超すことが現実的になるのです。

そして、そのような製薬会社の職種の中でも、最も給与水準が高いと言われているのが営業職、俗にMRと言われている職種です。研究職や開発職などよりも、MRは断然に給与水準が高くなっています。ただし、注意しなければならないのが、製薬企業の営業職は、給料はとても高いけれども、その離職率も高い業種の一つということです。高い給料をもらうためには、それに見合う働きが要求されます。精神的にも、そして肉体的にも自信のある人、そして人とのコミュニケーションが上手く取れる自信のある人には向いているかもしれません。転職エージェントなどが紹介してくれるMRの説明会などに顔を出して説明を聞いてみるのも良いでしょう。

条件別の薬剤師求人情報をご紹介!

・車通勤OKの薬剤師求人
・夜間パートの薬剤師求人
・扶養内パートの薬剤師求人
・午後勤務のみの薬剤師求人
・残業少なめの薬剤師求人
・認定薬剤師取得支援有りの薬剤師求人
・第2新卒歓迎の薬剤師求人
・年間休日120日以上の薬剤師求人
・土日祝日休みの薬剤師求人
・借上げ寮完備の薬剤師求人
・離島の薬剤師の薬剤師求人
・リゾート地の薬剤師求人
・独立開業検討中の薬剤師向けの求人
・電子カルテ導入済み施設の薬剤師求人
・漢方取り扱い施設の薬剤師求人
・アロマ・ハーブ取り扱い施設の薬剤師求人
・Iターン・Uターン/地方の薬剤師求人
・キャリアが積める薬剤師求人情報を探すなら
・スポットバイトの薬剤師求人情報を探すなら
・駅徒歩5分以内の薬剤師求人情報を探すなら
・ショッピングモール内勤務の薬剤師求人を探すなら
・短時間勤務制度の取得実績がある企業の薬剤師求人
・産休制度が整っている企業の薬剤師求人
・年収500万円以上の企業の薬剤師求人
・ボーナス額が良い企業の薬剤師求人
・単発の薬剤師求人
・未経験者応募OK

条件別の薬剤師求人の情報収集に最適なサイトは…!?

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ看護師に登録

薬キャリ
薬キャリ

※最新比較ランキングはTOPページに!→クリック←
© 2017 薬剤師転職サイト比較ガイド